半年シリーズのセミナー 最終日

今日は休みですが朝からセミナーでした。
最終日という事もあって実技をどっぷりと。
半年、通ったセミナーも本日最終日。

座学で解剖学をずいぶんしっかりやりましたが、それ以上に実技はしっかりやりました。
実技の多いセミナーってどうしても施術受け過ぎになります。

施術、たくさん受けられて良いじゃないって思うかもしれませんが残念ながら逆で一番、体に毒です(笑
だから参加者はみんな大変です。だいたい夕方には燃え尽きてます。

整体の世界では「やり過ぎは下策」と言う言葉があります。
これをみんな身を持って体感します。
親切そうに見えて沢山施術するのは良くないんですね。

さて最終日という事で実技試験もありました。
おかげさまで合格し賞状もいただきました。
残念ながら当院は狭くて飾れませんけど(笑
けっこう賞状あるのでそのうち飾りますかね?

半年間、充実したセミナーでした。
ちなみに懇親会では楽しくお酒を飲みました。
ところが帰宅したころには酔いつぶれて二日酔状態。

僕はお酒ほぼ飲めないので翌日まで持ちこすのではなくその日の夜に具合悪くなります。
頭が痛く、気持ちも悪く、脂汗がダラダラでました。
僕が知る限りで一番の苦痛が二日酔です(病気もケガもしたことないからですが)

しかし耐え偲んでいれば必ず去る嵐です。
不思議なものである瞬間にふっと好転して楽になりはじめます。
体の中で浄化作業が一段落したんでしょうね。たぶん。

昔「この覚めるのが心地よくて二日酔になるのかもしれない」と言うエッセイを読みました。
これは飲んべえのこじつけだと思いますが、好転する瞬間は確かにありますね。
いやいや歳のせいか、忙し過ぎたのか、はたまた施術の受け過ぎか?
最後はひどいオチがついたもんです(了)